転職を考え始めたらまず確認するべき5つの事


転職を失敗しない為に

人生の大きな転機となる転職。何度も経験している方は少ないため、いざ転職を考え始めると何をしたら良いか?わからない方が多い。今回は転職を失敗しないために注意すべき5つの事を紹介する。転職を考え始めている方はぜひ最初の段階で確認をして欲しいと思う。

1.転職したい理由を再確認する

  • 他にやりたい仕事がある。
  • 今の仕事の給与や評価が不満だ。
  • 残業や休日出勤が多くてプライベートの時間が取れない。
  • 会社や業界の将来が不安である。
  • 人間関係がうまくいかない。

以上が転職しようと思う理由のトップ5だが、1つの理由に強い想いがある人から、2つ以上の理由が複数ある人などそれぞれいると思う。まずは「なぜ転職したいと思ったのか?」転職したい理由をハッキリさせよう。

そして解決する方法は、本当に転職することなのか。それとも今の職場で改善できることなのか。今一度よく考えて欲しい。

転職をしてもまた次の会社で同じことで悩む方も少なくない。確かに無理をして今の仕事を続ける理由はないが、他人のせいにしてばがりいても何も変わらない。自分が変わることで解消できる問題はないか、自己を見つめる時間をゆっくりとって考えて欲しいと思う。

2.転職の希望条件を明確にする

それでも転職をしたいと思った方は、次に転職の希望条件を1つずつ書き出して欲しい。給与や勤務地や時間などそれぞれ最低これ以上は必要という基準をハッキリとさせよう。

ここで注意してほしいのは、欲をかきすぎないこと。考えているうちにあれもこれもとドンドン希望の条件が高くなる人がいる。もちろんすべての条件が良いほうがいいけれども、求人が見つからなければ意味がない。

また転職したいと思った理由だけは忘れないようにして欲しい。

例えば他にやりたいことがあり転職を決意した場合、たとえ給与が下がったとしても転職するのか。労働時間が長くなっても転職するのか。絶対に譲ることのできない条件と妥協してもいい条件など基準を明確にしてから求人を探そう。

3.情報収集に多くの時間を費やす

転職の希望条件が決まったら、まず求人サイトやハローワークの求人情報などインターネットを使い、希望する職種の給与相場はいくらか。労働時間はどのくらいか。など多くの情報を集めてもらいたい。

いくつか希望の求人が見つかったらその企業のホームページを見たり、転職の口コミサイトを見てどんな企業なのか調べてほしい。またハローワークや民間の人材会社に問合せをし聞いてみても良いと思う。

とにかくここでは即決をせず、入社した後に思った仕事と違ったということがないように多くの情報をできるだけ集めて欲しいと思う。

4.転職先が決まるまで今の仕事を辞めない

転職活動を始めると転職への想いが強くなり、まず現職を辞めようとする方がいるがオススメはしない。確かに今の仕事を辞めたほうが時間が確保でき、面接など転職活動はしやすくなる。しかし辞めてしまうと収入がなくなるため焦って次の仕事を決めてしまい、希望条件を満たしてない仕事でも妥協してしまう場合があるからだ。

たまに貯蓄が十分にあるので大丈夫だという方もいるが、転職活動の期間が長引いたとき、その期間を良く思わない人事担当者もいることを忘れないで欲しい。自分では慎重に次の転職先を探したつもりでも、人事担当者から見れば呑気な人だなと思われたり、他の企業になかなか採用されなかったのか、優柔不断な人なのかと思われたりする場合もある。

5.一人で考えず第三者の客観的な意見をもらう

下調べが終わったら親でも友達でも良いのでまずは誰かに話を聞いてもらい、どう思うか意見をもらおう。もちろん転職を反対されることもあると思うが、そのときに自分が転職をなぜしたいと思ったのか。したほうが良い理由を明確に伝えられるか。が重要である。

考え方は人それぞれなので、話を聞いてもらった相手を説得し納得させる必要はない。あくまでも自分の中で転職へ想いや希望がハッキリしているかを確認しよう。また相手から思わぬことを言われ転職を思い直すことがあっても構わない。とりあえず一人では考えずに第三者の意見を聞くことをして欲しいと思う。

まとめ

今回は転職に失敗しないために、まず転職をしようと思ったとき最初に確認して欲しいことを記載した。特に1の転職する理由についてはじっくり考えて欲しいと思う。転職により人生が大きく変わることはある。慎重になり過ぎたあまり行動できなくなってしまえば本末転倒だが、最初にしっかり考えることによりその後の転職活動がスムーズに進むことも良くあるので参考にして頂ければ幸いだ。

ここからは営業トークになるが、一人で考えても考えがまとまらない。第三者の客観的な意見が欲しい。などお困りのことがあれば当社の無料転職相談を利用してみて欲しいと思う。

転職相談(無料)はコチラ