人手不足と人余りのミスマッチな現実


人で不足がますます深刻になってきています。昨年の11月の全国平均有効求人倍率は1.56という高さです。これは、昭和49年依頼の高水準です。そのなかで特に高いのが建築躯体工事10.85%、介護サービス4.04、飲食などの接客業4.15です。とても深刻なのは事実です。しかし、事務的職業は全体の0.47で一般事務に限ると0.36という低さです。

転職長野 上田

大手金融機関は、1万人を超える人員削減を指定した経営計画を発表しています。これからの時代、生産性を高めるためのIOTやAIが多くの仕事を消失しようとしています。
ここで考えていただきたいのが、事務系の仕事をしたいのなら、今がチャンスで、更に人余り減少になるということです。全体的には人で不足ですが、個々には人余りの転職・求人には大きな変化があるということです。
あなたは、どんな職種に応募したいですか?今がチャンスの製造業や建築躯体工事業・介護サービス・飲食業などへの転職で、キャリアを積むのもオススメです。AIロボットが活躍するまでにある程度の社内地位を確保する戦略が賢い転職ではないでしょうか?



;