転職活動 身だしなみのポイント


転職活動の場合には、身だしなみが大切です。

ここでは、転職活動の場合の身だしなみのイメージを良くするポイントについてご紹介しましょう。

就職活動

転職活動身だしなみのイメージを良くするポイント

転職活動の場合、身だしなみについては手を抜かないようにしましょう。
社会人として、身だしなみのふさわしいものが要求されます。
人のイメージは、ほとんど第一印象で決定すると言われています。
そのため、転職活動の場合でも、いいイメージを相手に与えることが大切であることが分かるでしょう。
転職活動の場合以外にも、きちんとした清潔でいい身だしなみは、気持ちが一緒にいてもいいものです。
マナーを学習して、基本的な身だしなみをマスターしましょう。
面接というのは、非常に限定された時間において、人を判断するものです。
そして、この限定された時間の中においては、第一印象が人の評価になります。
このことは、データの科学的なものでも裏付けされてきているそうです。
人のイメージこそが、面接の際に影響する最大の要因です。
人のイメージとしては、
・離れたところからの全体のもの
・中距離からの部分的な大まかなもの
・近いところからの細かなもの
が挙げられます。
人は、会った際、相手のイメージを瞬時に判断しています。
この場合には、姿勢、挨拶の方法、歩き方、顔の表情、服装、髪の手入れ、話し方、いろいろな癖、などの判断を瞬時に行います。
ビジネスマナーの場合には、大切なのは身だしなみであると言われています。
また、身だしなみが同じ場合には、好感を相手に与える人の方がイメージとしてはよりいいものになります。
そして、採用面接の際には、性格が良さそうで、感じがより良くて、仕事ができそうで、清潔感があるような人が評価されます。
面接の際には、スキルが重要視されると言いますが、同等のスキルの場合には、このようなイメージの感覚的なものが、最大の評価の要素になります。
理想的には、面接の評価は、スキルの具体的なトータルの評価であるべきですが、実際は、ファジーなこのような要素が大きいようです。
仕事ができそうな感じで採用されるのであれば、まずはこのことに注力して、自分をスキルアップしましょう。

男性の身だしなみのイメージを良くするポイント

男性の身だしなみのイメージを良くするポイントは、清潔感が基本です。
・ヘアスタイル
奇抜なヘアスタイルや髪色で面接を受けても、イメージとしては良くない意味でしか残らないでしょう。
また、寝癖やぼさぼさ頭も駄目で、第一は清潔感です。
・ワイシャツ
会社や業種に関係なく、ワイシャツの基本は白が無難です。
派手なデザイン、カラーは逆効果になります。
・スーツ
スーツは、サイズが肩幅や袖などで合っているのが基本です。
ボタンは数個で、一般的にカラーはブラックやネイビーなどの暗めのものがおすすめです。
スーツを選ぶのが難しい場合は、専門店で相談しましょう。
・ ネクタイ
ネクタイは、スーツに応じてストライプや無地、ドットなど好きなタイプやカラーを選んで、気分によって変えましょう。
締め方のポイントは、正しく締めることです。
緩めすぎたりルーズに締めたりするのは止めましょう。
締め方によって、イメージが非常に変わることを知っておきましょう。
・シューズ
シューズの色は、スーツに応じてブラウンや黒などを選択しましょう。
手入れをきれいにするのが基本です。
・靴下
スーツの場合は、靴下の色は紺や黒など濃い目のものを選択しましょう。

女性の身だしなみのイメージを良くするポイント

女性の場合は、ヘアスタイルがショートかロングか、スーツがパンツかスカートか、選択の幅が男性より広い分、高い難易度になります。
自分に適したスタイルを探すことがポイントです。
・ヘアスタイル
ロングのヘアスタイルの場合は、まとめておいて髪の毛がお辞儀をした際に乱れることがないようしましょう。
額をヘアスタイルで隠さないで、耳を出すことによってイメージが明るくなります。
・ジャケット
ジャケットのカラーは、一般的に濃紺や黒などです。
ボタンとしては1個〜3個で、シェイプにウエストがなっているものにするとスッキリした感じになります。
・シャツ
シャツとしては、ボタンが首もとまで閉まるタイプと、シャツの外に出るタイプがあります。
無難なのは、前者のタイプです。
・シューズ
シューズとしては、一般的にプレーンな黒のパンプスです。
ヒールの高さの目安は、3cm〜5cmです。
ヒールが高すぎる場合は適していません。
・ストッキング
ストッキングとしては、一般的に、ベージュや肌色などの柄や色がないものがおすすめです。

時計・眼鏡の選択方法

時計は、派手な場合は強いイメージがあり、時計のみが目につくようになります。
高級な何十万円もするようなブランド時計や高いスポーツ性があるデザインの時計は、面接の際には適していません。
すっきりしたシンプルなデザインの時計を選択しましょう。
眼鏡は、太いフレームのものを選択すると、眼鏡そのもののイメージが強く残るため、表情が隠れるようになります。