就職活動まず自己分析


就職活動を行う場合には、まず自己分析を行うことが必要になります。

しかし、初めて就職活動を行う場合は、自己分析をどのようにするといいかよく分からないのではないでしょうか。
では、初めて就職活動を行う場合には自己分析をどのように行うといいのでしょうか?
ここでは、初めて就職活動を行う場合のおすすめの自己分析の方法についてご紹介しましょう。

就職活動自己分析

おすすめの自己分析の方法とはどのようなものか?

すでに就職活動を始めている人も多くいるでしょう。
開催されている就職活動イベントには、多くの就職活動をしている人が毎日参加しているそうです。
2018年に入社する人の就職活動が、いよいよ始まっています。
では、就職活動というのはどのようなことからスタートするといいのでしょうか?
実際に、就職活動としてインターンやイベントに参加してスタートしている人の中でも、就職活動はどのようなものからスタートするといいか、というような質問が多くあるそうです。
これについては意見がいろいろあるでしょうが、就職活動は自己分析からまずスタートすべきでしょう。
というのは、いかにさまざまな業界を把握していても、いかに企業のことについて詳しいということでも、自己分析ができていないと、どのような会社の選考を自分が受けるといいのか、どのようなところが自分にとって仕事をしやすい環境であるか、という見極めができないためです。
ここでは、自己分析がどうして必要かという理由と自己分析の方法について詳しくご紹介しましょう。

自己分析がどうして必要か?

先にご紹介したように、自己分析が就職活動においては必要ないくつかの理由があります。
基本的に、やりがいが自分にとってある仕事を選択するポイントは、3つあるそうです。
3つのポイントとしては、
・自分が行ってみたいかというWILL
・自分が可能かというCAN
・自分が行う必要があるかというMUST
が挙げられます。
数学のベン図は、嫌いという人もいるでしょうが、一度思い出してみましょう。
ベン図をこのキーワードの3つについて書いた場合に、3つのキーワードが重なっている箇所、つまり和集合になっている箇所こそ最も自分にとってパフォーマンスが発揮でき、モチベーションがアップするところであると言われています。
自分の過去を振り返って、WILL、CAN、MUSTを自分の中で見つけていくことが最終的に自分にとって仕事のしがいがある会社を選択するポイントになってきます。
さらに、この自己分析については、できるだけ早くスタートする必要があると言われています。
というのは、人材を採用する会社側の事情に関係しているためです。
近年、就職活動をしている人の売り手の市場になっているということが、テレビの報道などでよく話題になっています。
しかし、このような報道を耳にして、心配ないと思っているような場合はリスクがあります。
というのは、採用する会社側のスケジュールが前倒しに相当なる可能性が大きく、自己分析をゆっくりしていれば、自分が希望するような会社が見つかった場合にはその会社の採用活動がすでに終了してしまっている恐れがあるためです。
このようなことは、人気が高い会社ほど言えるでしょう。
そのため、自己分析をしっかりと早めに行って、ある程度応募する会社の条件を絞り込んで、就職活動を効率よく進めることが就職活動に成功するポイントです。

自己分析はどのように行うといいか?

では、自己分析はどのように行うといいのでしょうか?
ここまで、どうして自己分析が必要であるかについては把握できたでしょう。
次に、自己分析をどのようにすると効率がいいか、という方法についてご紹介しましょう。
・自己分析についての本を購入する
おすすめの自己分析の本としては、自己分析シートが付属されているものが、本屋で販売されているものの中ではおすすめです。
自分の人生について小さい時期から実際に振り返って、自分の強みや性格などを経験としてイメージに残っているものの中から分析することが可能なようになっています。
なお、このような本は一冊で良く、何冊も購入することは必要ではありません。
・他己分析をお互いにする
自分では自分のことは容易には分からないでしょう。
そのため、就職活動をする際におすすめなのは他己分析です。
自分について良く分かっている、いつも一緒にいる友達、お世話に小さな時期からなっている人、家族などに、自分の強みや弱み、性格などについて確認してみるという、他己分析をしてみましょう。
このような他己分析をすると、意見が客観的に聞けて、自分の中味について自分では分からなかったようなものがいろいろ出てきます。
・面談をキャリアアドバイザーと行う
就職活動を行っている多くの人の活動をサポートしてきたキャリアアドバイザーの場合には、自己分析をベースにして一緒に就職活動のスケジュールについても考えてくれます。
一人ひとりの就職活動をしている人に対して、アドバイスをキャリアアドバイザーがついて行ってくれます。