就職活動:エントリーシート就活について


エントリーシートは、履歴書と同じほど大切な書類です。

ここでは、エントリーシートを作成する場合のポイントについてご紹介しましょう。

エントリーシート

エントリーシートとは?

エントリーシートは、つい最近登場したものです。
会社の説明会に参加する際は、ちょっと前までは、はがきで資料を請求したり、直接電話で問い合わせしたりしていましたが、最近はエントリーシートがこれに代わりました。
エントリーシートの意味は、参加するということです。
会社説明会に参加したい場合には、エントリーシートを応募の締切日までに送付するのみです。
エントリーシートは、ネット、会社訪問、はがきでの請求などで入手できます。

エントリーシートは一つの書類審査である

エントリーシートは、会社説明会へとりあえず参加するために提出するということではありません。
というのは、エントリーシートの内容によって、会社は自社に適しているかを見極めて、審査するためです。
応募条件をクリヤーしているか、きちんと担当者が確認するため、手を抜かないようにしましょう。
しかし、応募する人の優劣が、エントリーシートのみで判断されるということではありません。
基本的に、提出する一つの書類ですが、誠実に記載する内容を回答するのが大切です。
推薦を、エントリーシートの内容によって受けるスタイルもあります。
それほどエントリーシートを、会社が十分に確認しているということです。
エントリーシートは、自分をアピールするいい機会であると考えて頑張りましょう。

正しく設問を読み取って簡潔に的確に回答する

エントリーシートはいろいろな様式があり、会社によって違っています。
会社が把握したい設問が箇条書きにして準備されているため、これに回答するのみです。
考え方によっては、エントリーシートは会社が把握したいことを示しているため、どのようなことを要求しているかを推察することができます。
そのため、会社の意図が質問にはあります。
どのようなことを会社が把握したいのか、どのようなことを書くとアピールできるのか、十分に考えてみましょう。
しかし、読んでもらうためには、上手な文章よりも、よく分かるようにいかに書くかが、大切なポイントです。
担当者の立場で考えてみれば、何百枚ものエントリーシートを見るため、読んでみたくなるようなものにする必要があります。

自分を自分の言葉で表現する

エントリーシートは、自分の考え方や思いを自由に記載することができ、確実に会社が見てくれる、素晴らしいものです。
見方によっては、自分の思いを会社に伝えるツールの最高のものでしょう。
エントリーシートは、非常に多くの応募する人が提出します。
そのため、よく似た表現や言い回しが当然出てくるでしょう。
しかし、担当者は1枚ずつ読んで、比較して評価、検討していくため、特徴がない、普通のありきたりなようなエントリーシートの場合には、評価としては「まぁ普通」というものしか獲得することができません。
エントリーシートを作成する場合のポイントの最大のものは、思いを自分の言葉でいかに相手に伝えるかです。
自分の思いを、独自の文章によって相手に伝えることが非常に大事です。

サンプルはエントリーシートの場合にはない

書類を何か書く場合には、一般的にどのようにして書けばいいかと、ネットなどでサンプルを探すのではないでしょうか。
例えば、「エントリーシート 作成方法」などのキーワードで検索するでしょう。
その結果、サンプルがいくつか表示されます。
場合によっては、エントリーシートの回答サンプルなどが紹介されていることもあります。
しかし、エントリーシートの場合にはサンプルを参考にしないようにしましょう。
というのは、エントリーシートの場合は、自分の言葉で書く必要があるためです。
参考に見るのはいいでしょうが、サンプルの文言をちょっと変更した程度では、見てくれたとしても、面接の際に聞かれた場合には対応できないでしょう。
もしコピーしているような場合には、間違いなく面接の際に分かるでしょう。
そのため、サンプルを安易に利用するのは止めましょう。

基本的な文章を書くルール

自分でエントリーシートは書く必要があるため、ここでは、基本的な文章の組立方法についてご紹介しましょう。
基本的な文章の組立方法としては、
・「です。ます。」「である。だ。」については統一する
・文量は読み易いものを心がける
・誤字脱字に注意する
・具体的なエピソードや事例は効果がある
・有効に固有名詞や数値を使う
・短いポイントを絞った文章にする
・表現は客観的なものを心がける
・ 先に結論を書く
などが挙げられます。
当然と思われるもののみですが、エントリーシートを非常に多く見る立場で、エントリーシートが見たいものになっているか、を十分に確認してみましょう。
エントリーシートは自分でも読みたくなるように十分に検討して、提出することができるように仕上げましょう。