採用面接の場イメージづくり


採用面接の場合には、イメージを良くすることが大切です。

ここでは、採用面接の際のイメージが良くなる方法についてご紹介しましょう。

採用面接イメージ

用面接のイメージが良くなる態度、癖、仕草

採用面接の際のイメージは、態度、癖、仕草が大切になります。
何気なく普段行っている態度、癖、仕草、言葉使いなどが、イメージに非常に影響します。
きちんと面接官の質問に対して回答しようとするため、なにげない普段の行動がつい出てしまいます。
質問に対する回答のみが大切ではありません。
面接に対する態度にも注意しましょう。
ここでは、採用面接の際に注意することについてご紹介しましょう。
・挨拶をしない・声が小さい
採用面接の際は第一印象が大切です。
初めの5秒間で面接は決まるそうです。
・態度が横柄である
座っている際に、ふんぞり返ったり、腕を組んだり、足を組んだりしないようにしましょう。
・貧乏ゆすりをしない
貧乏ゆすりをすると、落ち着きが無いと見られます。
また、キョロキョロと周りを見ないようにしましょう。
・姿勢が良くない
猫背の場合は、積極性においてマイナスの評価になります。
胸を張って自信を持って堂々としていましょう。
また、座っている際は、男性の場合は軽く足を開き、女性の場合は足を閉じましょう。
・髪をよく触る
会話をしている際に髪をよく触ることは、イメージが悪くなります。
邪魔にならないように、前髪はセンスよく止めておきましょう。
額を可能な限り出す方がいいイメージになります。
・不審な挙動をする
緊張するため慌てる場合は、落ち着いてひと呼吸置いてから行動しましょう。
失敗したとしてもマイナスの大きなものにはなりません。
・話をし過ぎる
簡潔によく分かるように話をするようにしましょう。
・視線をそらせる
面接を受けている際は、チラチラ面接官を見たりしないようにしましょう。
また、話を相手の顔を見ながらするとイメージが良くなります。
・笑顔でない
笑顔は分かっているがなかなか難しいものです。
身だしなみや全体のイメージも大切ですが、会話を実際にする際には、顔の表情は大きなポイントになります。
例えば、強面の人と初対面で会話を和やかにしようと考えても、顔を一目見て判断して怖いと感じると、会話はできません。
しかし、笑顔の爽やかなものの場合には、初対面の場合でも「話がしやすそうである」と無意識に心が判断し、会話が意識しなくても進みます。
自分自身も、無意識にこのような対応を普段行っているでしょう。
採用面接の際の顔の表情は、評価の大きなポイントにもなります。
採用面接の際に、笑顔が自然にできるように鏡を見ながら普段から練習しておきましょう。

採用面接の際にイメージが良くなる言葉遣い

採用面接の際には、言葉遣いに注意しましょう。
正しい言葉使いは、案外と知られていません。
正しい言葉使いは、採用面接の際にイメージがアップします。
ここでは、採用面接の際にイメージが良くなる言葉遣いについてご紹介しましょう。
・「私」と自分のことは言う
・「母、父、祖母、祖父、姉、兄、妹、弟」と家族は言う
・「何会社さん」と相手の会社は言う
・「何社長さん」「何課長さん」と相手の会社の人は言う
・必ず「です、ます」をつける
・「あの〜」「えっ〜と」などのような口癖は不快になる
・「確かそうであったと考えるのですが」というようなはっきりしない言葉は使わない
・敬語に注意する
敬語の一例としては、自分が知っていることは「存じております」、身内の発言は「申しております」、目上の人の発言は「伺いました」、目上の人への呼びかけは「申し訳ありませんが」、などが挙げられます。
これ以外に、普段の言葉使いとしては、大きく分類すると、肯定的なものと否定的なものに分かれます。
言葉遣いが肯定的な場合には、その積極的な考え方が話している相手にも伝わります。
一方、言葉遣いが否定的な場合は、チャレンジ精神があまりなく、保守的な性格であるというようによく判断されることも真実です。
このように、何気なく普段使用する言葉についても、自然に自分の人格が現れることが分かったでしょう。
その気になると、言葉遣いというのはできると思っていると、採用面接の際に考えても見なかったようなことになるかもしれません。
毎日の暮らしの中において、練習することができるようなシーンは多くあります。
言葉遣いの練習を積極的にしておくことは、決して採用面接の際に無駄になることはないでしょう。
採用面接の際を意識して、十分に普段から練習しておきましょう。

採用面接の際以外で注意すること

採用面接の際以外でも、次のようなことに注意しましょう。
・会社内での携帯電話いじり
・会社の近くの道端での歩き方、カフェでの雑談
・受付での応対方法
・面接会場へ出入りする際のマナー
・エレベーターの立ち位置、乗降する人への応対方法
・トイレの使用方法とマナー
・会社から退去する時のマナー